さんしち亭

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【M3-2012秋】アルバム告知とクロスフェード

皆さんお久しぶりです。しちるです。
前回のアナウンスからだいぶ日が経ってしまいましたが

さんしち亭、M3-2012秋に参加いたします。

今回も前回と同様に
ゲーム音楽風のインストアルバムです。

コンセプトは「北欧神話の武具
「グングニル」や「レーヴァテイン」など
きっとファンタジー好きの方々にはなじみの深い単語も見られると思います。

アルバムタイトルは「Mythology
価格は300円にて配布予定です。
ブース番号はL-11b
前回参加の旧譜も取り扱いますのでそちらも是非どうぞ。
ジャケット等の詳細についてはまた後日お知らせいたします。

以下はそのクロスフェード・デモになります。
曲数は全7曲です。
内、私しちるが3曲 相方のゆーさんだーZが3曲
また今回はゲストのRenapさんに1曲お願いしました。



※コメントのタイムテーブルは仮題ですが、各モチーフに対応したものになっております。
 ご参考までに。

次回更新ではジャケットとトラックリストを発表したいと思います。
それではまた。

さんしち亭とは?

「さんしち亭」は ゲーム音楽が大好きな二人による同人音楽サークルです。

ゲーム音楽風のオリジナルインストアルバムを作成し
音系同人即売会「M3」を中心に配布しております。

メンバー紹介


さんしちロゴ
ゆーさんだーZ
音楽制作を始めたきっかけはゲーム音楽でした
憧れの作曲家は桜庭統さん。
最近はアトリエシリーズの音楽なんかも熱いです。
作風はオケ寄り

さんしち亭ではイラスト方面担当。
twitter: https://twitter.com/yusandaz
公式HP: http://saisoukukan.web.fc2.com/


しちる行書しちる
RPGとゲーム音楽大好きな音大生
ゲーム音楽ではRPGの戦闘曲が好き。 
影響を受けた作曲家・アーティストは
なるけみちこさん、Falcom Sound Team jdkなど。

さんしち亭ではブログ更新担当。

twitter: https://twitter.com/shichichiouch

【第五回】ボーナストラックの公開

皆さんお久しぶりです。しちるです。

M3春からだいぶ日が経ってしまいましたが
アルバム「暇を持て余した 神々の旋律」のボーナストラックを公開させていただきます。


そもそもボーナストラックとはなんぞや?と思うでしょうが
簡単に説明しますと

制作の途中で
「テーマに沿った縛りで曲作るのも良いけど たまには自分らの好きな曲も作りたいよね」
みたいな話になりまして。

そこでちょうどオリュンポス12神からはみ出した「ハデス」という神様がいることに気付き
「ハデスをテーマにしてバリバリの厨二曲作ろうぜ!」
となったわけです。

その公開手段にボーナストラックという形を取らせていただいた次第であります。

ですので今から公開する2曲はタイトルこそ異なりますが
主題は「ハデス」ということで聞いて下さると幸いです。


それではそれぞれのコメントとともにお聞きください。



しちる:「Lord ABYYS」



自由に作って良いということだったので
頭をからっぽにして戦闘曲っぽいの作りました!

やりたかったことは、オケとロックを組み合わせた編成と
あとはロックにティンパニをぶっ込むことです!
恐ろしいほどドラムとマッチしない音色に苦労させられました。

イメージしたのはやはりRPGのボス戦でしょうか?
ハデスとか言う邪神をボコボコにする感じで。(ぇ



ゆーさんだーZ:「天に思いを馳せる」



ハデスをイメージ…と言うことで自由課題曲、のようになりましたw
ハデスは冥界の王と呼ばれちょっと黒いイメージで取られがちですが、実はそうでもないという一面を知り
どうせならそっち方面をイメージして作ってみたいと思い、オリュンポスから冥界へ降り、冥界から天に思いを馳せる。
そんなイメージを抱き作りました。
曲としては天空城的なイメージでそこにハデスのイメージを乗っけている…といった感じになりました。
久々にゲームのRPGじみた曲ができたと感じております。

ちなみにこの曲作りにおけるキーワードは7、5ですよー!(なんのこっちゃ

【第四回・その2】ライナーノーツ:しちる

どうも。しちるです。

前回更新でお伝えした通り
今回は僕のライナーノーツになります。

…相方のライナーノーツを受け取った時
自分のが適当すぎて焦ったのでちょっと水増ししたとか。

どうでもいいですよね、すいません。



しちるです。

あらかたの説明は相方のゆーさんだーZがしてくれてるので
もしそちらを読んでない方がいらっしゃったら(たぶん居ないと思いますが)
先にそちらを読むことをお勧めします。


僕は女神の方を担当しました。

女神と書いて「めがみ」と読むと、すごく女性的な感じがしますよね。
自分は暇さえあればコテコテの戦闘曲を作ってるような人間なので
僕の曲には「女性らしさ」なんて欠片もありません。(そもそもの性別がオスですし)

そんな僕がむりくりひねり出した、女神達のメロディです。
すこし雄々しい気がするが、大丈夫か?  (大丈夫だ、問題ない。)


Artemis
アルテミスは狩猟と純潔の女神。
荒々しさと清らかさを同時に持つという何とも難しいテーマでしたが
結局難しいことは考えずに自分の好きな音楽にしてしまいました(汗)
1:00~のフルートのメロディが一応メインテーマです。

Atene
アテネは知恵と戦略の女神。
古代ギリシアの都市国家の名前としても有名ですね。
と言うのもあってか、やはりイメージしたのは古代の戦争です。
スペクタクル映画の劇伴なんかをイメージして作りました。
0:53~がメインテーマになります。

Hera
ヘラは結婚と母性の女神。
ゼウスの正妻として知られていますが
創作物などでは非常に嫉妬深く、場合によっては醜く描かれることも少なくなく
僕もそういうイメージがあったのでどちらかと言うと暗めな曲調にしています。
キーワードとしては「高貴」「憂い」「嫉妬」です。

Hestia
ヘスティアは「かまど」、つまり家庭生活を司る女神。
テーマ通り家庭をイメージした曲です。
ヘスティアが呑気な性格だということで
曲調もそれに合わせてのんびりしたものになっています。

Demiter
デメテルは豊穣の女神。
少し拡大解釈して「四季のある農村」を表現してみました。
冬から始まり、春が来て、夏が来て、嵐が来て、収穫の祭りがあって、また冬が来て。
どこがどの場面か是非聞いて探ってみてくださいね。

Aphrodite
アフロディテは愛と美の女神。戦の女神としての側面も持ちます。
美しい娘がどこぞの王子様に出会い恋に落ち、そして最後に戦いが起きるという
よくわからないストーリーを思い浮かべて作りました(苦笑
1:18~のメロディは自分なりにひねり出した「愛のテーマ」というやつです。


各曲についてのコメントはこんな感じです。


最後にこのアルバム企画に臨んでの感想を。

そもそもなんでこのアルバム企画が生まれたかと言うと
僕が相方のゆーさんだーZ君に「テーマ決め曲作りとかしたら面白いよね!」
と、twitterで空中リプライしたのが始まりでした。

その後、楽曲の発表の場をどこに設けるかという話になり
ゆーさんだーZ君が「M3っていうイベントがあるよ?」と冗談半分で言ったところ
まだM3がどんなものかも知らなかった僕は、二つ返事でGOサインを出してしまったのです。


結果としては、無事イベントを終えることができ
こうしてライナーノーツを書いているわけですが。

僕にとって「締め切りのある曲制作」というのはこれが初めてだったもので
想像を絶する半年間でした。
作曲家はこういう生活を送ってるのかなー、とか思ってみたり。

何を隠そう自分はゲーム音楽作曲家を目指している人間ですので
これ以上ない、良い経験でした。

今回学んだたくさんの事を生かしつつ
これからも自分の音楽を追及していきたいと思う次第であります。


それではこの辺で。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

BACK|全4頁|NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。